ホームセンターや家具量販店がコロナ禍でも売上を伸ばし続けるための方法とは?

2021/01/11 05:57
成田直人

既存概念に縛られない空間づくりを提案

 その方法の1つが、これまでにない自宅空間づくりの提案です。

 自宅の空間づくりはパターン化しています。このパターンを崩して新しい空間を提案することがポイントです。たとえば、玄関に必要なのは傘立てやフロアマットなどですよね。そこにあえてホテルで使われているような自動点灯の間接照明を提案してみるのはいかがでしょうか。自宅が高級ホテルのような空間になれば、顧客がワクワクするのが想像できませんか? 品質の高いフロアマットや傘立てを紹介するのではなく、そもそも顧客が頭に描いたことがない新しい玄関を提案するのです。今は画像検索が充実しているため、「高級ホテル」で検索すれば参考になる空間をたくさん見ることができます。

 また、「3密」を避けられることで流行っているキャンプを模した自宅空間もよいでしょう。自宅で日常的に人工芝をフローリングに敷いている家庭はないでしょうが、キャンプ風の家づくりであれば「アリ」だと思います。今までにない生活空間をプロデュースするという視点で売場づくりをすることで、「コロナ禍で自宅で過ごす時間も長くなってきたから、いっそのことこの空間つくってみる?」と顧客に思わせられるように、DIYの紹介や新しい家具の導入で、ワクワクするような空間づくりの提案をしてみてはいかがでしょうか。

まずは自分自身がワクワクする空間を考える

 顧客がワクワクするような売場を実現するためには、固定観念にとらわれるのではなく、発想の転換が重要です。今回は、ホテルやキャンプを具体例として挙げましたが、ほかにもさまざまな空間があるはずです。自宅で理想の空間をつくり上げる過程でもワクワクできるような商品やサービスを提案できれば素晴らしいです。

 ぜひ今回の記事を参考にしていただき、「どんな空間が一番ワクワクするのか」をスタッフと一緒に考えてみてください。まずは、「あなた自身やスタッフがワクワクする空間であること」が条件です。売場をつくる人がワクワクしていないのに顧客をワクワクさせるのは難しいですからね。

 

なりた・なおと
19歳でABCマートアルバイト個人売上日本一を獲得。マネージャーになり昨年度対比1位、2位の原動力となる。その後、PC専門店PCデポに入社し、7ヶ月で個人売上1億円を達成。翌年、「良い」よりも「成果が出る」をモットーに小売・サービス・飲食業専門コンサルティング会社「株式会社FamilySmile」を創業。現在は、一部上場企業を中心にコンサルティング・研修・講演を手がけ多くの店舗で昨年度対比120%を達成。中には、3年で売上2倍になる店も続出するほどコンサルティングには定評がある。その功績が認められ日本三大褒章の一つ中小企業のノーベル賞と言われる「東久邇宮文化褒章」を受賞。セミナー講師ナンバーワン決定戦「S-1グランプリ」初代グランプリを獲得。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media