U.S.M.H カスミの一部店舗にて、買い物アプリ「Scan&Go」の体験用端末の試験運用を開始 

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

「Scan&Goカード」と「Scan&Go Lite」端末画面

 ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H、東京都)は9月29日、自社買い物アプリ「Scan&Go ignica」の体験用端末「Scan&Go Lite」の運用開始を発表した。

 実施店舗はカスミ(茨城県)「フードスクエアカスミ荒川本郷店」(茨城県稲敷郡)で、運期間は10月1日から10月7日までとなっている。

 同サービスは、現在カスミ店舗で配布している「Scan&Go カード」の利用者が、店頭の貸出端末「Scan&Go Lite」(スマートフォン)にカード内の「ignica money(イグニカマネー)」やイグニカポイントを一時的に連携させて使用するもので、利用者は欲しい商品のバーコードをスキャンし、連携させたカード内のイグニカマネーで決済を行う。
 
 なお、同サービスは今後、他の店舗にも順次拡大させていく予定だという。

Scan&Go Lite の端末
Scan&Go Lite の端末

■「Scan&Go Lite」実施概要
 実施店:フードスクエアカスミ荒川本郷店(茨城県稲敷郡)
 期間:2023 年 10 月 1 日~10 月 7 日 予定

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態