2018/12/19

【セブンイレブン】顔認証で決済の実験店、NEC本社内に開業

検証した技術を活用して、オフィスビルや病院、工場など閉鎖商圏での出店を増やしていく狙いだ。 2018年1月撮影

 

 セブン-イレブン・ジャパンは12月17日、顔認証による決済などの新技術を導入した実験店舗「セブン-イレブン三田国際ビル20F店」をオープンした。


 日本電気(NEC)本社内に出店した同店では、NECが開発した人工知能(AI)やIoTなどの新技術を活用し、少人数での店舗運営を行う。たとえば、顔認証による入店や決済、コミュニケーション・ロボットによる接客、AIを活用した発注提案などの技術を検証する。


 顔画像から来店客の年齢・性別を推定し、客層に合わせた広告を電子看板に表示したり、冷蔵ケースなどの設備を24時間遠隔監視して安定稼働を支援したりするシステムも備える。


 店舗面積は約26平方メートルと小型で、おにぎりやサンドイッチ、飲料、菓子など約400品目を取り扱う。同店で検証した技術を活用して、オフィスビルや病院、工場など閉鎖商圏での出店を増やしていく狙いだ。同店を利用できるのはNECの社員のみ。

 

合わせて読みたい記事

>>「無人店舗はまったく考えていない」(セブン-イレブン・ジャパン社長 古屋一樹)