【オーケー】ロボットで売価チェック、夜間に店内を巡回

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局 (株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア)
Pocket

 首都圏でディスカウントスーパーを展開するオーケー(横浜市)と東芝テック(東京都品川区)は5月21日、「オーケー橋場店」(東京都台東区)で自走式ロボットを使った売価チェックの実証実験を始めた。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業として6月20日まで行う。

 カメラなどのセンサーを備えた棚監視ロボットが営業終了後の夜10時から翌朝5時の間に店内を自動で巡回し、商品陳列棚に掲示されている商品価格を読み取り、商品マスターデータと照合する。

 この実験ではロボットが安定して店内を巡回できることや商品価格を間違いなく認識できることを検証する。

 小売業の現場では人手不足が深刻化しており、東芝テックでは自動化へのニーズが高いと見て、売価チェックや品出し、補充発注などの作業にロボット技術を活用していく方針だ。

 

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態