【セブンイレブン】秋田県に進出、14年度末までに100店舗の計画

2012/06/01 00:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

 セブンーイレブン・ジャパンは5月31日、秋田県南部で3店舗をオープンし、同県への進出を果たした。これにより、東北では青森県を除く5県、全国では40都道府県で店舗展開することになった。

 来年春には秋田市内にも出店、県南地域を中心に2014年度(15年2月期)中に100店舗の出店を目指す。

 31日にオープンしたのは横手市内の2店舗と仙北郡美郷町の1店舗。秋田県内ではローソンが158店舗(12年2月末現在)、ファミリーマートが48店舗(同4月末)、サークルKサンクスが80店舗(同)を展開しており、コンビニ大手ではセブンイレブンが最後発となる。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media