KDDI、アパレル向けに高精細なXRマネキン開発 グーグルの技術活用

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

KDDIが開発したアパレル向けのデジタルマネキン
デジタルサイネージやスマホに表示したマネキンを動かし、360度好きな角度から商品を確認できる

 KDDIはVR(仮想現実)やAR(拡張現実)などのXR(クロスリアリティ)技術を活用したXRマネキンを開発した。店舗のデジタルサイネージ(電子看板)やスマートフォンなどで、モデルが着用した商品の高精細なイメージを360度好きな角度から確認できる。

 米グーグルのクラウドサービス「Google Cloud」の新製品「Immersive Stream for XR」を用いて開発した。まずは、コンピュータ支援設計(CAD)ソフトで制作したデジタル型紙をもとに衣服の3次元コンピュータグラフィックス(3DCG)を作る。別途、人間のモデルの動きを3Dスキャン撮影し、動きも含めて3Dデータ化する。衣服と人間の3Dデータを組み合わせることで、実物がない商品もXRマネキンとして表現できる。

 このXRマネキンとEコマースを連携させれば、店頭在庫を持たなくても販売でき、予約販売や受注生産にも活用できる。また、マネキンなどのディスプレースペースが必要なくなるので、店舗スペースの有効活用につながる。

 KDDIでは今後、パートナー企業と実証実験を行った上で、実店舗への導入を目指す。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態