リクルートMUFG、手数料0.99%のキャッシュレス決済開始、無印良品が来春導入

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

リクルートMUFGが提供を始めた新たなキャッシュレス決済サービス「COIN+」
口座管理・決済アプリ「エアウォレット」の決済機能として、「コインプラス」の提供を始めた

 リクルートと三菱UFJ銀行が共同出資するリクルートMUFGビジネス(東京都中央区)は12月7日、新たなキャッシュレス決済サービス「COIN+(コインプラス)」の提供を始めた。

 コインプラスは加盟店が払う決済手数料を0.99%に抑えたのが特徴。通常のキャッシュレス決済の手数料は3〜5%程度だが、手数料を抑えることで中小企業にも導入を広げる。銀行直結によって中間の決済ルートを省略したこと、ポイント還元を行わないことによって安価な手数料を実現した。

 コインプラスは、リクルートMUFGのデジタル口座管理・決済アプリ「エアウォレット」の決済機能として提供され、リクルートのキャッシュレス決済システム「Airペイ」の加盟店で利用できる。同日からエアウォレットのダウンロード配信を始めた。

 コインプラスは企業や店舗が持つ会員アプリに組み込むこともできる。2022年春から良品計画が自社アプリ「MUJI Passport(ムジパスポート)」にコインプラスの機能を追加、「無印良品」約250店舗で利用できるようになる。

 コインプラスはQRコード決済で、支払った代金はエアウォレットで管理する銀行口座から引き落とされる。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態