アットコスメのバーチャル店舗がスマホアプリ内に、KDDIと連携

Pocket

アットコスメのアプリ「au XR Door」内のバーチャル店舗
仮想現実や拡張現実の技術を活用し、リアル店舗での購買体験を仮想空間に再現する

 美容系総合ポータルサイト「@cosme(アットコスメ)」を運営するアイスタイル(東京都港区)は1月8日、KDDIのスマートフォン(スマホ)向けアプリ「au XR Door」内にバーチャル店舗「@cosme TOKYO -virtual store-」をオープンする。

 アイスタイルでは2020年1月、JR原宿駅前に600ブランド、2万アイテム以上の化粧品などを揃えた旗艦店「@cosme TOKYO」をオープンしたが、新型コロナウイルス感染症の影響でEC(インターネット通販)の利用が広がる中、同店での購買体験をバーチャル空間で再現することにした。

 au XR Doorは仮想現実(VR)や拡張現実(AR)などのXR技術を活用したアプリ。スマホに同アプリをダウンロードし、@cosme TOKYOを選択してからスマホのカメラで地面を認識し、ARのドアを設置する。ドアに向かって歩くとバーチャル店舗に入店できる。

 スマホをかざすと店内を360度見渡せる。店内には「@cosmeベストコスメアワード」を受賞した商品が陳列されており、商品棚から手に取ったり、試用したりする体験ができる。商品をタップすると@cosmeのECサイトへ遷移し、購入することが可能だ。花王の3ブランド「KANEBO」「KATE」「SOFINA iP」も取り扱う。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media