スタバ、使い捨てプラ削減へ再利用カップ・ふたなしで飲み物提供、一部店舗で

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

スタバのタンブラーや再利用カップ、ふたなしで提供された飲み物
2030年までに廃棄物を50%削減する目標に向けて、リユースやリサイクルを促進する

 スターバックスコーヒージャパン(東京都品川区)は、プラスチック製の使い捨てカップ、リッド(ふた)、カトラリー(スプーン・フォークなど)を削減する取り組みを広げる。2030年までに廃棄物を50%削減する目標に向けて、リユースやリサイクルを促進する。

 4月18日から、「フラペチーノ」などのアイス飲料を店内利用する客に対して、使い捨てカップではなく樹脂製グラスで提供する取り組みを106店舗で試験導入する。都内数店舗で試験運用していたが、導入店舗を広げる。

 また、店内利用客にはカップにふたをせずに提供する取り組みも113店舗で先行導入する。2020年11月からストローを使わずに飲めるふたを使って飲み物を提供してきたが、ふたそのものの使用をやめる。22年夏頃には全国展開を目指す。温かい飲み物や持ち帰り利用客には、従来通りふた付きで提供する。

 カップを循環利用する取り組みも対象店舗を増やす。21年秋から東京・丸の内エリアの10店舗で実証実験してきたもので、持ち帰り利用客に貸出カップで飲み物を提供し、利用客は店舗に返却、カップを洗浄して再利用する。4月4日から東京・渋谷エリアの9店舗で、この取り組みを始める。

 カトラリーについては、店内利用客にステンレス製フォークやナイフを貸し出しているが、ヨーグルト用スプーンも3月末から順次、使い捨てプラからステンレス製に切り替える。持ち帰り客用のカトラリーは、石油由来のプラ製のものから海水中で生分解する100%植物由来のものに切り替える。3月中旬から順次、切り替えを進めていく。

 ステンレス製、生分解性プラへの切り替えを進めることにより、使い捨てカトラリーの使用量を年間で最大約44%、石油由来プラの使用量を約60トン削減できる見込みだ。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media