米スタバ、ジョンソンCEOが退任へ=暫定後任はシュルツ氏―4月4日付

時事通信
Pocket

4月4日付で退任する米コーヒーチェーン最大手スターバックスのケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)
〔写真説明〕4月4日付で退任する米コーヒーチェーン最大手スターバックスのケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)=2019年3月、シアトル(AFP時事)

 【ニューヨーク時事】米コーヒーチェーン最大手スターバックスは16日、ケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)が4月4日付で退任すると発表した。実質的な創業者であるハワード・シュルツ前CEOが暫定的に後任に就く。

 ジョンソン氏は退任後、9月まで従業員兼特別顧問として同社にとどまる。同社の取締役会は今秋までに新たなCEOを選任する見通し。

 ジョンソン氏は「パンデミック(世界的大流行)が収束に近づいたことを受けて、1年前に取締役会に退任意向を伝えていた」と説明。「スターバックスで過ごした13年間の自然な終え方だ」と述べた。ジョンソン氏は2009年に同社取締役に就き、17年にシュルツ氏の後任としてCEOに就任した。

 シュルツ氏は1987年にスターバックスを買収し、世界的なコーヒーチェーンに育て上げた。2020年米大統領選で一時出馬を検討したこともある。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態