イオン、グループ横断アプリ「iAEON」の提供開始、ポイント管理や支払いなど

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

イオンのグループ横断アプリ「iAEON」
グループ各社のアプリやサービスと連携できるほか、コード決済「AEON Pay」の提供を始める

 イオンは9月1日、グループ横断アプリ「iAEON(アイイオン)」の配信を始める。これまでグループ各社が独自のアプリでさまざまなサービスを提供してきたが、iAEONに「お気に入り店舗」として登録することで、各社が提供しているアプリやサービスへの連携が可能になる。

 配信開始時点では、イオンリテールやイオン北海道、イオンモールなどの事業会社が運営する約1000店舗の中から最大5店舗を登録できる。グループの食品スーパーや専門店なども段階的に追加していく。店舗からの電子クーポンやキャンペーン情報を受け取ることもできる。

 iAEONには、電子マネー「WAON(ワオン)」による支払いや「ワオンポイント」のの管理機能も搭載される。支払い機能として、スマートフォンに表示したバーコード/QRコードで決済する「AEON Pay(イオンペイ)」の提供も始める。

 9月11日以降は、イオンカードによる支払いで貯まる「ときめきポイント」をワオンポイントに一本化し、利用者の利便性を高めるとともに、グループでのデータ連携を強化する。

 今後も支払手段の拡充やグループ各社のアプリ/サービスとの連携強化、新機能の追加などを進め、グループ共通の顧客タッチポイントとして進化させていく予定だ。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media