ヤマダ電機、顔認証のスマホ決済「ヤマダPay」導入、東京都内など5店舗で

2020/03/02 10:15
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ヤマダPayのロゴ
AIを活用した顔認識技術でクレジット決済ができるようにした

 ヤマダ電機は2月28日、「ヤマダウェブコム江東砂町店」(東京都江東区)など5店舗で顔認証技術を使ったスマートフォン(スマホ)決済サービス「ヤマダPay(ペイ)」を導入した。導入店舗は順次、拡大する。

 同社は2019年11月から群馬県高崎市の本社内で、トリプルアイズ(東京都千代田区)が開発した顔認証決済システムの実証実験を続けていた。トリプルアイズは、人工知能(AI)を活用した画像認識により、来店者の属性などを分析するシステムなどを開発している。

 ヤマダ電機では、クレジットカード「ヤマダLABIカード」の会員のうち、携帯電話によるバーコード決済「ケータイdeクレジット」の登録者を対象に、顔認証による決済ができるようにした。

 今回、ヤマダPayを導入したのは、東京都内の2店舗のほか、「ヤマダウェブコム仙台センター店」(仙台市)、「同つくば店」、「同 神戸北店」(神戸市)の計5店舗。同サービスを利用できるのは当面、OS(基本ソフト)としてグーグルのAndroid(アンドロイド)を搭載した携帯電話のみとなる。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media