リフォームが強いからできる!エディオン、地域密着「暮らしコンサルタント」戦略で21年3月期決算は過去最高益

油浅健一
Pocket

エディオンがこのほど発表した2021年3月期(20年4月~21年3月)連結決算は、売上高が7681億1300万円(前期比4.7%増)、営業利益が267億8500万円(同118.0%増)、当期純利益は166億3300万円(同51.5%増)だった。
新型コロナウイルス感染拡大による営業自粛等の影響はあったが、売上高は4期連続で増収を達成。既存店ベースでは、上期こそ前年比5.6%減と低迷したが、下期は巣ごもり需要やテレワーク浸透などの新たな需要を取り込み同14.5%増、通期では4.3%増と売上を伸ばした。

21年3月期、過去最高益を達成したエディオン
21年3月期、過去最高益を達成したエディオン

ECが前年比50%以上増で好調をけん引

 けん引したのはECで対前期比51.4%増。「テレワークおすすめアイテム」「熱中症対策」「ひんやりグッズ」など、テーマごとにカテゴライズしたECサイトの使いやすさもあり、ニーズをガッチリと捉えた。

  商品別の売上では、テレビが前期比13.0%増、洗濯機が同5.1%増、エアコンが4.9%増。巣ごもり・テレワーク関連ではゲーム・玩具が同27.1%増、空調機器が47.2%増、パソコン関連品が同11.0%増となり、数字にも鮮明に表れた。

  なお、純利益の1663300万円は同社設立以来の最高益となる。

リアル店舗を拡張する同社の狙いとは

21年度、12店舗を新規出店するエディオン
21年度、12店舗を新規出店するエディオン

 コロナ禍でも好調を持続した同社の強みはこうした家電の売上だけに頼らないことにある。フランチャイズ店舗750店舗を含め、全国に1187店舗を展開する同社のネットワークは全国に張り巡らされ、21年度中にはさら10店舗以上の出店を計画する。

  販売効率を高める狙いでEC化率を高める小売が増える動きに逆行するようだが、リアルだからこその強みを最大限に活かすのが同社のビジネスモデルの根幹にある。

エディオン四条河原町店
エディオン京都四条河原町店

 

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media