「楽天ペイ」アプリでSuicaの発行とチャージが可能に、20年春から

2019/06/06 12:45
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

 楽天とJR東日本は6月5日、キャッシュレス化の推進に向けて連携すると発表した。2020年春をめどに楽天子会社の楽天ペイメントが運営するスマートフォン(スマホ)アプリ「楽天ペイ」で、JR東日本の電子マネー「Suica(スイカ)」の発行とチャージ(入金)ができるようにする。

 対象となる端末は、「おサイフケータイ」機能を搭載したアンドロイド端末。「楽天ペイ」アプリをインストールにしたスマホで、約5000の鉄道駅やバス約5万台を利用できるほか、スイカの加盟店約60万店舗で支払いができるようになる。

 「楽天ペイ」アプリに登録している「楽天カード」から、クレジット払いでスイカへのチャージも可能。チャージ金額に応じて、「楽天スーパーポイント」が貯まる。

 スイカはアップルのスマホ決済サービス「Apple Pay」にも対応しており、楽天ペイとも連携することで利便性がさらに高まる。

楽天×JR東
楽天カードでSuicaにチャージすると楽天スーパーポイントが貯まる

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media