【ドンキ】宅配ロッカーを試験運用、ブロックチェーン技術活用

 ドンキホーテホールディングス(HD)は7月9日、「MEGAドン・キホーテ ラパーク成東店」(千葉県山武市)で宅配ロッカーの試験運用を始めた。

 宅配ロッカーの隣には、ソファや机を置いた「フリースペース」を設置、来店者が自由に使えるようにした。宅配ロッカーとフリースペースの組み合わせで、店舗での滞在時間を増やす狙い。

 設置した宅配ロッカーはグローリー(兵庫県姫路市)とセゾン情報システムズ(東京都港区)が共同開発したもので、ブロックチェーン技術を活用している。

 ドンキHDでは、成東店での利用状況を検証しながら、他店にも宅配ロッカーやフリースペースを設置することを検討する。