ホーム   特集&連載    DRMオンライン・オリジナル    採用PDCAで人手不足を改善する 
記事タイトルバナー
2017年8月7日

第5回
採用センター化(採用機能の集約)の勧め

 4回に渡り採用におけるPDCAサイクルの重要性についてご紹介をしてきました。今回は、採用におけるPDCAをより効果的にそして採用施策の実行精度を高めるための採用センター化(採用機能の集約)についてご説明いたします。

 

≪採用センター化とは?≫

 

 採用センター化とは、店舗や各事業所に採用業務を任せている企業様について、店舗や各事業所で行われている、媒体掲載手続き・応募受付・面接設定などの採用業務をできる限り一カ所に集約し管理することです。

 

●採用センター化における業務集約のイメージ

拡大画像表示

 

 店舗で行われている採用業務について、採用面接・合否判断を除き大半を一カ所に集約してしまうイメージになります。店舗との業務の流れを採用センターで一元管理する流れになります。

 

●採用センター化時の業務の流れ(イメージ)

拡大画像表示

 

≪採用センター化のメリット・デメリットは?≫

 

 では、採用センター化した際のメリット・デメリットについて整理してみたいと思います。採用センター化した際のメリットは、

 

  • ●メリット
  • ①店舗が本業(営業や採用選考など)に注力できる
  • ②採用にPDCAサイクルのベースとなる応募・選考状況のデータの精度が上がる
  • ③応募受付における対応の品質が均一化また向上する
  • ④媒体が効率よく掲載できる(複数店舗での共同掲載など)
  • ⑤応募充足した店舗の応募者を他店舗に紹介できる
  • ⑥全体のデータから戦略を検討できる
  • ⑦各店舗で重複している業務が集約化され効率化することで採用にかかるMHが削減できる
  • ⑧施策の効果がリアルタイムで集約確認でき次の打ち手を考えやすくなる
  • ⑨ノウハウが一カ所に集約され蓄積される(各店舗や個人にノウハウが蓄積しない)

 

 などになります。一方デメリットは?

 

  • ●デメリット
  • ①店舗における採用の主体性が失われる可能性がある
  • ②採用の未充足は全てセンターの責任とされる可能性がある

 

 などかと思いますが、店舗とのコミュニケーションを密にするなどにより、デメリットの部分の多くは解消できるものと考えております。

 

 この様に、採用環境が厳しい時期においては、特に採用センター化におけるメリットの方が大きく是非、チャレンジして頂くことをお勧めいたします。

 

 最後に採用センター化のメリットの大きな一つである、採用媒体の効率的運用の事例についてご紹介いたします。

 

事例1)複数店舗の共同掲載による事例

拡大画像表示

 

事例2)採用充足店舗の未充足店舗への振替

拡大画像表示

 

 今回の採用センター化により採用PDCAサイクルをより効果的・効率的に実行することが可能となりますので、各店舗で採用業務を任せている企業様は是非検討をしてみてください。

 

 次回は、穴の開いたバケツにいくら採用をし続けても本質的な問題は解決しません。最後に「パート・アルバイトの定着」についてご紹介したいと思います。

 

 

株式会社ベクトル
■創 立 2003年6月
■E-mail info@vector-up.com
■URL http://www.vector-up.com/

谷 智史(たに さとし)
採用支援事業部 執行役員

 大手ゲーム会社で、人事(採用・教育)を担当後、2011年よりベクトルに転職、スーパー・飲食・ドラッグストア・アパレル等、多くの企業の採用を支援。

連載バックナンバー

バックナンバー 一覧

Special topics