すからーく、約2000店舗にフロアサービスロボット、22年末までに

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

すかいらーくに導入されるフロアサービスロボット
料理を乗せてタッチパネルで行き先を指定すると、客のテーブルまでロボットが自走して料理を運ぶ

 すかいらーくホールディングスは10月18日、客のテーブルまで料理を運ぶフロアサービスロボットを「ガスト」や「しゃぶ葉」など約2000店舗に2022年末までに導入すると発表した。

 ロボットに料理を乗せて、タッチパネルで行き先を指定すると客のテーブルまで自走して料理を運ぶ。一度に多くの料理を運べるので、従業員の作業負担が軽減される。採用難が続く中、人材不足の解消につながることが期待される。

 一部店舗で実験的に導入したところ、来店客の評価が高かったことから本格導入することを決めた。22年4月までにガストの約700店舗としゃぶ葉の全274店舗で導入後、22年末までにガストの約600店舗とその他の業態約400店舗で追加導入する。

 同社は9月末時点で国内に3035店舗を展開しており、全店の約3分の2でフロアサービスロボットを導入することになる。感染症対策として非接触のサービスを求める来店客も増えており、そうしたニーズにも対応できる。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media