トライアルのスマートストアで重要な役割を果たす「リテールAIカメラ」の機能を徹底解説!

永田 洋幸 (Retail AI 代表取締役社長)
Pocket

前回は、われわれにとってデジタルトランスフォーメーション(DX)の本質は「現場の課題を解決すること」であることをお伝えしました。今回は、われわれのスマートストアで「リテールAIカメラ」を使って現場の課題をどのように解決しようと試みているのかをご紹介します。

人はバナナを24時間見張っていられない

 リテールAIカメラの主な機能として「欠品検知」があります。分かりやすいバナナの例で紹介しましょう。

 以下の3枚は、リテールAIカメラの実際の画像です。商品の充足率を画像からAIが自動判定して売場の状態をスコア化しています。

 時間の経過につれて商品の数が減り、スコアが下がっていく様子がわかります。リテールAIカメラ導入以前は、「いつ・どのタイミングで・どのようなペースで商品が売れたのか」を正確に把握することは困難でした。ひとつの売場にずっとスタッフが張り付いていることは非現実的だからです。

 売場を管理する本部では、リテールAIカメラから取得したデータを蓄積・分析し、発注量や陳列量を適正化していくことで、「欠品が起こりにくい売場づくり」に生かしています。

 

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media