強豪ひしめく埼玉県で存在感高まる理由! 「マミープラス下戸田店」売場レポート

矢野清嗣
Pocket

マミーマートは2022年9月、ディスカウント型の新フォーマット「マミープラス」の2号店となる、「マミープラス下戸田店」(埼玉県戸田市)をオープンした。マミープラスはディスカウントフォーマットの位置づけであるものの、「美味しさをプラス」「満足をプラス」「家計にプラス」をコンセプトに、安さだけではない、価値の追求に力を入れる。前編では、生鮮食品と総菜売場を解説した。後編では、日配・加工食品・菓子・酒類の売場を見ていこう。
調査日=1月10、12日 ※本文中の価格はすべて本体価格

マミープラス下戸田店の外観

●日配
売れ筋をベースに、PBで巧みに価格訴求

 日配は、入口から見て右側壁面で「チルド飲料」「ヨーグルト」「果汁飲料」「豆乳」など、レジサイド手前側壁面で「甘酒」「カップ飲料」「スイーツ」と、合計約150尺のスペースで売場を展開する。プレーンヨーグルトは12尺5段28品目で、「明治」「森永乳業」「雪印メグミルク」を軸に107~128円の価格帯で提供。プライベートブランドの「ヨーグルト400g」(98円)が価格訴求品の位置づけで、「湯田ヨーグルト」「岩泉」などこだわり商品の扱いもある。そのほか、「カップ飲料」「ゼリー」「プリン」「スイーツ」も豊富な品揃えで、それぞれ価格訴求がなされていた。

 和日配は店舗右側サイドの主通路沿いに「卵」「揚げ」「豆腐」、その背面に「佃煮」「豆」「総菜」、加工肉の背面に「納豆」「練物」「水物」「麺」「漬物」を配置する。「豆腐」は「相模屋」が軸となっており、「納豆」は「タカノフーズ・極小粒ミニ50g×3」(58円)のほか、PBの「北海道小粒納豆40g×3」(78円)などを揃える。全体的に売れ筋をベースとしながら価格訴求品を絡めた商品構成となっており、「安さ」が巧妙に演出されていた。

マミーマート下戸田店の売場レイアウト

●冷凍食品・アイスクリーム
地域一番の安さをめざす?

 冷凍食品・アイスクリームはレジ側から見て前方に30尺5レーン、後方に40尺4レーンと、広くスペースをとっている。

 冷凍食品は、前方で「家庭用商品」、後方で「大袋」「業務用」を配置する。後方では売れ筋の「味の素冷凍食品・ギョーザ12個入り」(159円)、「イートアンドフーズ・大阪王将羽根つき餃子12個入り」(159円)のほか、「CGC・餃子12個入り」(139円)に「マルマツ・浜松餃子30個」(582円)など「業務用」「韓国産」「輸入品」「大阪王将」「バーミヤン」など扱いは19品目と多い。

 注目はスイーツで約30尺に「米屋・生どらやき小倉4個」(399円)、日東ベスト「ホールタルト ベイクドチーズ」(999円)、フランス直輸入の「アルカンアップルタルトレット」(799円)など約40品目。

 アイスクリームは前方3レーンで売場を展開しており、マルチタイプでは「井村屋・ BOXあずきバー6本」(193円)、「赤城乳業・ガリガリ君ソーダ7本」(175円)など、個食タイプは78円の商品を充実させていた。後方では、「ハーゲンダッツジャパン・ミニカップ」(194円)、「ハーゲンダッツジャパン・アソートボックス」(599円)のほか、「ベイクドアルル・5種のナッツ贅沢キャラメルコーン」(499円)、「セリアロイル・ハワイアンホーストマカデミアナッツチョコレートアイス」(499円)など、プレミアムアイスを豊富に揃えていた。

1 2 3

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態