プロ業態の出店申請続く、10月の大店立地法届出から

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

コーナンPRO天神川高辻店外観
コーナン商事は埼玉県越谷市に、「(仮称)コーナンプロ越谷大里店」を出店する(写真は別店舗)

 経済産業省が発表した、10月に申請のあった大規模小売店舗立地法に伴う新設届出によると、コーナン商事、コメリ、ロイヤルホームセンターがそれぞれ、2022年6月にプロ業態の出店を申請していることがわかった。

 コーナン商事は埼玉県越谷市に、「(仮称)コーナンプロ越谷大里店」を出店する。店舗面積は7226平方メートルを計画しており、2000~3000平方メートル規模が多いプロ業態としては大規模店舗となりそうだ。

 コメリは新潟県長岡市に、「(仮称)コメリPRO北長岡店」をオープンする。店舗面積は2954平方メートル。コメリPROは、これまで三重県で集中的に出店を行ってきたが(現在6店舗)、21年7月に秋田県秋田市へPRO泉店を出店して全国展開を開始。12月10日には、山形県内では初のPRO業態「コメリPRO米沢店」を山形県米沢市にオープンする。

 ロイヤルホームセンターは京都府向日市に、「ロイヤルプロ向日」を出店する。店舗面積は2058平方メートル。同社は22年4月にも、「ロイヤルプロ横浜港北インター」を横浜市に出店する計画だ。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media