社員が畑仕事を手伝い、関係性を構築!無印良品が掲げる地域への“土着化”とは

植芝 千景 (ダイヤモンド・チェーンストア 編集者)
Pocket

「衣・食・住」をテーマとして掲げる良品計画(東京/堂前宣夫社長)は、2022年11月9日、さらに「食」の分野を強化したいと、新たな地区限定商品の発表を「無印良品 イオンモール堺北花田」(大阪府堺市)で行った。さらに地域へのドミナント戦略を進めることも発表。良品計画近畿事業部が語る“土着化”とは——。※文中の商品価格はすべて税込。

「無印良品 イオンモール堺北花田店」では地区限定商品専用コーナーが設けられている。

地区限定商品の開発

 「無印良品」を展開する良品計画(東京都/堂前宣夫社長)は、地域住民や自治体と連携し、地産地消の推進や雇用創出、街づくりなど地域活性化に寄与することをめざした活動を推進する「地域事業部」を設置している。

 その活動の一環として行っているのが、地域の生産者や加工会社と協力した独自の地域限定商品の開発だ。近畿事業部でも、これまで10の地域事業部の中で最多の35アイテムを販売してきており、11月9日にも、新たな商品を発表した。和歌山県紀の川市の名産「あら川の桃」を加工する過程で出る皮や種などの残渣を活用したシロップ(750円)や、大阪の福祉農園で栽培されたキノコを利用したアヒージョ(590円)やスープ(250円)を含む6商品だ。近畿事業部では、地区限定商品を2024年までには100アイテムにまで増やす計画だという。

生産者のストーリーとともに商品を訴求する。
地域限定商品は生産者のストーリーとともに商品を訴求している。

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態