ヘアカラー市場、外出機会の増加に伴い、白髪用・黒髪用ともに伸長の可能性

ライター:石山真紀
Pocket

白髪用・黒髪用カラーリング剤の金額PIおよび金額PI対前年推移

明るい髪色に染めるため、事前にブリーチを使用

 KSP-POSによると、黒髪用カラーリング剤カテゴリーの2022年4月から23年3月の期間通算の金額PIは、対前年同期年比6.6%減の99.71円、数量PIは同8.0%減の0.15となった。

 黒髪用のカラーリング剤はドラッグストアやバラエティストアでの購入が中心だが、白髪染め同様、eコマースでの購入も増加している。

 近年はK-POPの人気もあり、以前と比べ明るい髪色を好む若年層が増えている。ダリヤの黒髪用ヘアカラーリング剤「パルティ カラーリングミルク」は牛乳パック形の外箱パッケージや、ムードカラーと呼ばれる独自のネーミングも若年層の人気を集めている。同品は今期、中身とパッケージをリニューアル。さらに新色として「よくばりアッシュ」「ないしょブラウン」の2品を追加した。

 また明るい髪色に染めるために、一度髪を脱色するユーザーが多いことから、同じく「パルティ」ブランドよりトリートメント成分配合の「パルティ ミルクブリーチ」を発売。綺麗な髪色に染めるため、事前に脱色したいが髪へのダメージが心配という若年層の悩みに応えている。

 新型コロナウイルスの流行も落ちつき外出機会も増えることから、今期は白髪用・黒髪用ともに大きく伸長する可能性がある。店頭でも剤形別の特長やシーン訴求で来店客の購買意欲を高め、ヘアカラー売場の活性化につなげていきたい。

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態