冷凍庫がより美味しく、消費期限を計画的に管理する「攻め」の場へ!トレンドは「下味冷凍」

クックパッド データマーケティング部:宮澤かずみ
Pocket

2019年頃より「作り置き」に代わり検索頻度が急上昇している「下味冷凍」。両者の評価を分けたものは何なのか。レシピ数358万品、月間約5,800万人が利用する料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」(https://cookpad.com)の検索ワードからそのトレンドを探った。

下味冷凍のイメージ
lyulka/i-stock

料理の負担をどう解消するか?生み出された“時短”の知恵

 私達は忙しい。専業主婦世帯と共働き世帯の割合が逆転したのは90年代。それから20年余り、多くの女性(もちろん男性も)は仕事・家事・育児をパラレルでこなしている。手のかかる料理は頻繁にはできないけれど、最低限は日々の料理で栄養バランス良く家族の健康を維持したい。それが世の主家事担当者の声だろう。そこにコロナ禍が重なり、家での料理の機会が増え、これまで以上に大きくなった料理の負担をどう解消していくのか?という難問にぶつかった。今回はその難問を、クックパッドの検索ワードに現れる「生活者の知恵」として紐解いていこう。

 まずは2014年から検索頻度が上昇し始めた「作り置き」だ。これは休日など時間のある時に料理をまとめて多めにつくり、それを平日に分けて食べるというのだ。人気のレシピはマリネやきんぴら、煮玉子などの副菜が多く、夕食にあと1品欲しい時やお弁当の隙間を埋めたい時に「作り置き」が活躍した。レシピ本も多く出版され、休日に何品も仕込み、琺瑯(ほうろう)などの容器に入れて、複数品を並べ真上からの俯瞰写真を撮ることも流行した。次第に、この調理済みの料理を冷蔵保存する「作り置き」は「冷凍保存して消費期限を長くしたい」という願望になり「作り置き×冷凍」という組み合わせで2016年頃から検索されるようになった。冷凍できる作り置きメニューで人気のものはハンバーグや唐揚げ、つくねなどお弁当のメーンになるようなレシピが多い。

 そして2019年頃から検索頻度が上昇したのが「下味冷凍」だ。これはジップロック®などのチャック付き保存袋に、一口大に切った肉や野菜などの食材と調味料を一緒に入れ、下味を付けながら冷凍保存する。食べる際は半日ほど前から冷蔵庫に移し解凍しておき、あとはそれを焼くだけで味のしみたメーンの1品ができるという新しい時短のテクニックだ。さらに時短だけではなく調味料と合わせて冷凍することで、味がしみ込み、食材が柔らかくジューシーになるという美味しさへの付加価値も評価されている。ちなみにこの下味の状態を冷蔵庫で保存するものは「つけおき」と呼ばれる。

※ SI値:Search Index:1000回あたりの検索頻度

たべみるロゴ
【たべみる】クックパッド株式会社が提供する、食の検索データ分析サービス。

次ページは
作り置き図解
1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media