ホームシェフ10億ドル超えにワービーパーカー100店突破!米D2C業界の新局面とは

R2Link/代表:鈴木敏仁
Pocket

クローガーのDTCブランド「ホームシェフ」
クローガーのDTCブランド「ホームシェフ」の売上高が10億ドルを超えた

 クローガー(Kroger)のDTC(directto-consumer)ブランド、ホームシェフ(Home Chef)の売上高が10億ドルを超えた。110円で換算すると1100億円、アメリカでは10億ドルをマイルストーンとみなす商習慣があり、ホームシェフは一躍メジャーなブランドとして認知されることとなった。

 ホームシェフがミールキットをサブスク形式で売るビジネスモデルで創業したのは2013年、クローガーが2億ドルで買収したのは18年半ばで、同年の10月から店頭販売を開始し、翌19年にはオーブンや電子レンジなどで温めるだけの簡便ミールを別ブランドとしてスタートしている。

 昨年はパンデミックで内食需要が急増し売上が118%と急激に伸び、これが年商10億ドル突破につながっている。ミールキット市場そのものは今年に入ってパンデミックが収まるにつれ成長率が当然のことながら鈍化しているのだが、今年の市場は18%増と依然高めの予測もあって、今しばらくは伸びそうな勢いだ。ホームシェフの成功は、リアルとネット、サブスクと単品売り、ミールキットと簡便総菜と、複数のチャネルと品揃えを戦略的に使いながら、クローガーの販売力を生かしてシナジー効果を出せたことにあるだろう。

※日本では「D2C」と表記することが多いが、本稿では米国で一般的な「DTC」の表記で統一した

相次ぐDTC企業の上場

 今の時代、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media