世界最大級の広告出稿主にして、電通の倍以上の広告売上を誇る小売企業とは?

R2Link/代表:鈴木敏仁
Pocket

アマゾンの看板
広告の売り買い両方を大規模に行っているという点もアマゾンという企業の特徴だ

 広告メディアの『アドエイジ』誌が、昨年度の広告支出のグローバル1位はP&Gで、前年度1位だったアマゾン(Amazon.com)が2位へとランクを落としたと報じた。P&Gは7%増の115億ドル、アマゾンは1%減の109億ドル、と試算されている。

 P&Gは世界有数の広告バイヤーで長らくトップにいて、私もそういう認識でいたので、一昨年にアマゾンが1位だったということを知って軽く驚いたのであった。P&Gはマーケティング企業である、だから世界でも最も広告に支出しているのだという思い込みがあったのだが、なんとアマゾンがそれに匹敵する存在になっているということに気づいて、アマゾンという企業のなんたるかをまた考えてしまったのである。

広告売上高は電通の2倍超

 アマゾンは決算書で事業別の売上高を公開している。“その他”という項目があり、注釈では広告およびその他のサービスとなっていて、その規模からほぼこれが広告売上高だろうとみられている。昨年度は

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media