米クローガー、EC売上高で全米トップ10入り、百貨店メーシーズが圏外に

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

米クローガーの外観
米市場調査会社eマーケターの推計によると、2020年の米国企業のEC(インターネット通販)売上高ランキングで、スーパーマーケット最大手のクローガーが初めてトップ10入りした。

 米市場調査会社eマーケターの推計によると、2020年の米国企業のEC(インターネット通販)売上高ランキングで、スーパーマーケット最大手のクローガーが初めてトップ10入りした。新型コロナウイルス感染症の影響による食品・日用品の巣ごもり需要拡大で、同社のEC売上高は大きく伸びた。

 eマーケターの推計では、クローガーの20年のEC売上高は前年比79%増の112億8000万ドル(約1兆1700億円)で、全米9位となった。クローガーが新たにランクインする一方、百貨店最大手のメイシーズはトップ10圏外となった。

 クローガーは数年前からデジタル事業の拡大に積極的な投資を続けており、20年度第3四半期(8〜10月)末時点で、2213店舗でEC商品の店頭受け取りサービスを、2468店舗で宅配サービスを行っている。

 クローガーの決算資料によると、同社のEC売上高は第1四半期が前年同意比92%増、第2四半期が127%増、第3四半期が108%増だった。同社は現在、資本業務提携先の英オカドグループのシステムを導入したEC専用の自動倉庫(カスタマー・フルフィルメント・センター=CFC)を米国各地に建設中で、21年初頭にはオハイオ州モンローとフロリダ州グローブランドでCFCが稼働を始める予定。CFC稼働によって、同社のEC売上高は一段と拡大する可能性がある。

米国企業の2020年EC売上高(単位:10億ドル)

順位 企業名 EC売上高
1 アマゾン 309.58
2 ウォルマート 46.2
3 eベイ 38.61
4 アップル 27.51
5 ホーム・デポ 16.71
6 ベストバイ 15.7
7 ターゲット 13.82
8 ウェイフェア 11.66
9 クローガー 11.28
10 コストコ・ホールセール 11.18

出所:米eマーケター(eMarketer)推計

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media