米アップル、中国本土の直営店全店で営業再開

2020/03/13 17:03
ロイター

米アップル
3月13日、米アップルが、中国本土にある直営店全42店舗の営業を再開したことが、同社の中国ウェブサイトで分かった。写真はアップルのロゴ。北京の店舗で2018年12月撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)

[13日 ロイター] – 米アップルが、中国本土にある直営店全42店舗の営業を再開したことが、同社の中国ウェブサイトで13日分かった。これらの店舗は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて1カ月以上閉鎖されていた。

アップルの中国サイトでは、全ての店舗の開店時刻が表示されている。これまでは営業していない店舗もあるとの注意書きがあった。

新型ウイルスの感染拡大を受け、中国本土では春節(旧正月)の連休直前の1月下旬に移動制限が導入され、住民に公共の場を避けるよう呼び掛けていた。これらの措置は2月の大半にわたって維持された。

中国政府のデータによると、アップルの中国でのiPhoneの2月出荷台数は50万台を下回った。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media