ウォルマート2Q増収減益の理由と、500㎡未満ベストバイの小型店戦略とは

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

ウォルマート、23年1月期第2四半期は増収減益

 ウォルマート(Walmart)は8月16日、2023年1月期第2四半期の業績を発表した。7月29日に終了した第2四半期の売上高は、恒常通貨ベースで対前年同期比9 . 1 % 増の1539億ドル(約21兆840億円)だった。売上成長の大きな要因の1つは世界的なインフレである。一方、営業利益は同69億ドル(約9450億円)で前年同期よりも6.0%減少した。

ウォルマートのロゴ
ウォルマートの第2四半期の売上高はインフレの影響を受けて約21兆円と伸びたものの、営業利益は減少した

 米国事業であるウォルマートUSの売上高は、同7.1%増の1051億ドル(約14兆3990億円)。ガソリン売上を除く既存店売上高は同6.5%増と前年同期を1.3ポイント上回った。その内訳をみると、既存店の来店客数は

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media