企業向けサービス価格4月、税除き前年比-0.8% 11年7月以来の下落率

ロイター
Pocket

企業向けサービス価格4月、税除き前年比-0.8% 11年7月以来の下落率
5月26日、日銀が公表した4月の企業向けサービス価格指数は前年比1.0%上昇、前月比0.8%低下となった。都内で4月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 26日 ロイター] – 日銀が26日公表した4月の企業向けサービス価格指数(消費増税除くベース)は前年比0.8%下落で、3月の確報値同0.1%下落からマイナス幅は拡大。2011年7月(同0.8%下落)以来の下落率となった。消費増税を含めた指数は同1.0%上昇で、前月の同1.6%上昇から上昇幅が縮小した。

新型コロナウイルスの感染拡大により、企業業績の不透明感から広告出稿が減少したこと、インバウンド需要と国内旅行者の減少で宿泊サービス価格が下落したこと、店舗の売り上げ減により店舗賃料が減少したことなどが背景にある。

4月総平均(消費税除くベース)の下落幅拡大に寄与した主な内訳で、テレビ広告は前年比マイナス25.6%と、比較可能な2001年以降で最大の下落率だった。企業業績の不透明感から、どの業種でも広告出稿が減少した。宿泊サービスは同マイナス35.5%。緊急事態宣言発出により国内の宿泊需要が減少したことが影響した。店舗賃貸などは同マイナス4.1%で、店舗売り上げに連動して賃料が決まる店舗賃貸やホテル賃貸の価格が下落した。

政府は緊急事態宣言を全面解除したが、日銀の担当者は「5月も企業向けサービス価格指数に下押し圧力がかかるのは避けられない」と述べた。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media