LINE、対話アプリで新型コロナの全国調査、厚生労働省に協力

2020/03/31 10:47
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

厚生労働省による、LINE対話アプリで新型コロナの全国調査
全国8300万人のユーザーに調査への協力を呼びかける

 対話アプリ大手のLINEは3月31日、「LINE」アプリを通じて新型コロナウイルス対策のための全国調査を実施する。30日に厚生労働省と結んだ協定に基づき、調査結果を同省に提供する。

 全国のLINEユーザーにメッセージを送信し、調査への協力を呼びかける。調査に参加するユーザーが体調などに関する質問に回答すると、個人を特定できないように統計処理した上で厚労省に提供する。取得した情報は分析・調査が終わったら、破棄する。

 初回調査の回答期限は4月1日、2回目の調査は4月5日に実施する予定。継続的に調査を行うことで、感染拡大の状況を把握する。

 LINEの国内アクティブユーザーは19年12月末時点で8300万人。3月27日から30日にかけては首都圏の1都3県に在住する登録モニターに対して同様の調査を行い、約16万人から回答を得た。

全国調査_LINEの画面
弊社スタッフに届いた通知画面。アンケートのような形で進んでいく。およそ1分程度で完了した。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media