発表!ドラッグストア食品売上高&構成比ランキング

2019/10/15 10:16
雪元史章(「ダイヤモンド・チェーンストア」副編集長)

ドラッグストア各社では、日配品や加工食品を中心に食品の取り扱いを強化する動きが拡大している。食品を低価格で販売することで集客を図り、粗利益率の高い医薬品や化粧品のついで買いによって利益を確保するというビジネスモデルが確立されている。ここでは、上場ドラッグストア企業の食品の売上高および売上高構成比のランキングを発表。注目企業の食品戦略についても見ていきたい。※HD=ホールディングス

売上トップはやはり九州のあの企業!

■上場ドラッグストア 食品売上高ランキング ※各社の最新決算データより作成

順位 企業名 売上高(百万円) 増減(対前期比:%)
1 コスモス薬品 343,809 9.7
2 ツルハHD 174,698 32.0
3 ウエルシアHD 172,971 14.5
4 カワチ薬品 122,478 ▲ 1.3
5 クリエイトSDHD 112,939 7.7
6 スギHD 109,648 6.7
7 クスリのアオキHD 99,294 16.0
8 Genky DrugStores 63,635 14.3
9 マツモトキヨシHD 51,820 ▲ 0.2
10 ココカラファイン 39,615 3.2

 まずは、上場各社の食品売上高ランキングを見ていこう。

 トップとなったのは、コスモス薬品(福岡県)だ。19年5月期の食品の売上高は対前期比9.7%増の3438億円に上り、2位以下を大きく突き放している。ちなみにこの3438億円という売上高を食品スーパーの売上高ランキングにプロットしてみると、万代(大阪府:19年2月期の売上高3461億円)とバロー(岐阜県:19年3月期の売上高2919億円)のちょうど間、順位にして7位となる(ダイヤモンド・チェーンストア9月15日号「日本の小売業1000社ランキング」より)。このことからも、コスモス薬品が扱う食品の売上規模の大きさがわかるだろう。

 コスモス薬品に次ぐ2位に入ったのが、北海道を本拠に全国に店舗網を広げているツルハHDだ。同社の食品売上高は1746億円で、対前期比32.0%増と急伸している。これは、杏林堂薬局(静岡県)の持株会社である杏林堂グループ・ホールディングス(同)を17年9月に連結子会社化したことが大きい。杏林堂薬局は一部の大型店舗で生鮮をフルラインで販売するなど食品の取り扱いを強化している。18年度のツルハHDの決算では、この杏林堂薬局の売上高が通年で加わったことで、食品の売上高も急増したとみられる。また、18年5月には愛知県内で店舗を展開し、かねてから食品の販売にも力を入れていたビー・アンド・ディーもツルハHDに傘下入りしている。

 全体的に見ると、上位10社中8社が食品の売上高を前年から伸ばしており、2ケタ増も目立つ。ドラッグストア企業が食品の売上を年々伸ばしていることが見て取れる結果となった。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media