週刊コンビニニュース ミニストップがレジ袋有料化実験

Pocket

1週間のコンビニに関するニュースをまとめた『週刊コンビニニュース』。スプーンやフォークなどのカラトリーをバイオプラに変更するだけで、年間600トン近くプラスチック使用量を減らせることができるという。セブン-イレブンの試算ではあるが、全国のコンビニエンスストアが一斉に取り組んだとしたら、少なくとも1,500トンの削減となる。塵も積もれば・・・・・の効果恐るべし(6月18日から24日のニュースをまとめました)。

①セブン-イレブン
環境配慮型素材使用のカラトリーを試験導入

 大阪府の一部エリアの店舗で、環境配慮型のプラスチックを使用したスプーンなどのカラトリーを試験的に導入した。

 試験導入の開始は6月18日からで、弁当などの販売時に添えるスプーンやフォークなどのカラトリーに、植物由来の素材を30%配合したバイオマスプラスチックで作られた製品を使用する。

 セブン-イレブンはこれまでにも、バイオマスプラスチックを使用したレジ袋に活用。今回のカラトリーは、大阪府の一部店舗約360店舗で試験導入され、スプーンとフォークの2種類に限られるが、全店で全量を変更した場合、プラスチックの使用量は年間で約556トン削減する効果があると見込んでいる。

 

②セイコーマート
高校生の菓子づくりコンテストをバックアップ

 ハイスクールパティシエロワイヤル実行委員会は、今年で2回目を迎える北海道すべての高校生を対象としたスイーツコンテスト「ハイスクール パティシエ ロワイヤル 2019」を実施。セイコーマートは全面的にバックアップする。

 コンテストは、北海道内の高校生に菓子づくりのアイデア・技術を発表する場を提供し、将来の北海道の菓子業界を担う人材の発掘、産業の育成と発展を図ることを目的として、8月4日と5日に開催する。本選ゲスト審査員のひとりは、世界で活躍するパティシエの辻口博啓氏。

 コンテストは、高校生の成果に対して賞の授受だけにとどめず、入賞作を商品化し、全道のセイコーマートで販売することも予定。高校生には、自分たちのアイデアや作品の商品化までの過程を学んでもらい、多くの顧客に販売するという貴重な経験を通して、菓子づくりの仕事の楽しさ、喜び、難しさを理解してもらう。

 

③ミニストップ
レジ袋無料配布中止の実験

 「サステナビリティ基本方針」にある「資源循環の促進」のひとつとして、またプラスチックの使い捨て削減につなげる活動として、イオンタワー店とイオンタワーアネックス店の2店舗で実験。6月24日から。レジ袋を必要とする利用客には、バイオマス10%含有のレジ袋(1枚3円)を提供する。2020年2月までに約40店舗まで実験を拡大する計画。

 

④ポプラ
「生活彩家 篠栗病院店」をオープン

 福岡県糟屋郡篠栗町の篠栗病院に、施設整備の一環として、病院内2階の売店を改修し、病院の利用者、職員に気持良く来店してもらう店づくりを目指す。6月19日にオープン。

 

⑤ローソンストア100
夏に食べたい辛口メニュー調査

 ローソンストア100は夏に食べたい辛口メニュー調査結果を発表した。

① カレー部門 『VL特盛カレー激辛』、『チキンとタイカレー』(いなば食品)
② 即席麺・スープ部門 『エースコック旨辛麺』、『VLスープ春雨韓国風チゲ味』
③レトルト部門 『VL麻辣まぜ麺の素』、『VLあさり入りスンドゥブの素(辛口)』、『VLひき肉入り麻婆豆腐の素(四川風辛口)』(3品とも永谷園との共同開発商品)
④菓子部門 『ブルダック激辛スパイシーチキン味』、『暴君ハバネロ』、『激辛柿の種&ピーナツ』、『辛ダントントッポキ』

(注)すべて税込108円。VL:Value Lineの略で、ローソンストア100のPB。

 

⑥ローソン
G20大阪サミット開催記念商品9品

 近畿地区の約2,400店舗で、弁当やおにぎりなど合計9品を6月18日から発売。今回の開催記念商品は、“大阪産(もん)”である泉州産たまねぎを使用した「泉州産たまねぎのサラダ」(税込230円)、大阪産に認定されているカタシモワイナリーのワインを使用した「ぶどうサンミー」(税込135円)と「ファボール®サンドワイン&ホイップ」(税込120円)などのほか、「味付海苔手巻おにぎり大阪味」(税込168円)は、販売1個につき1円を「大阪府子ども輝く未来基金」に寄付する。

 

⑦ローソン
「金沢すいか」使用した商品、「MACHI café Lipton」新商品ほか

 ローソンは6月25日から中部地区約1,600店舗で発売する。石川県産の「金沢すいか」を使用したデザート「もち食感オムレット」(税込180円)、ベーカリー「四角いしっとりすいか風味パン(金沢すいか)」(税込140円)、カップフルーツ「カップフルーツ(金沢すいか)」(税込298円)の3品。石川県との包括的業務提携に基づき、これまでも「五郎島金時」や「加賀棒茶」を使用したデザートを販売している。

 ローソンはまた、「MACHI café Lipton フルーツインティー」に続く第2弾の商品「MACHI café Lipton フルーツインティーグリーン」を発表。りんご、ライム、レモンの3種のフローズンカットフルーツとふんわりとした氷が入ったカップにグリーンティーを注いで提供する。6月25日からの発売で、税込380円。

 さらに、大好評の『ポテトチップス納豆好きのための納豆味』再発売も行う。

 納豆フレークをかけて食べるポテトチップスで、昨年6月に初めて数量制限で発売したところ、わずか1週間で売り切ってしまったカルビーの『ポテトチップス納豆好きのための納豆味』(税込198円)。大好評だったことから、7月10日の納豆の日を前に6月25日に再発売する。

 

⑧ミニストップ
生乳配合2倍に増量した「夏プリンパフェ」、ほか

 昨年度、パフェ部門で販売NO.1となった「なめらかプリンパフェ」を夏に向けてアレンジ。「夏プリンパフェ」(税込330円)として6月14日に発売した。プリンに使用する生乳の比率を約2倍に増やし、あっさりとなめらかな味わいに仕立てた。プリンの隠し味に塩と洋酒を使用した。

 またミニストップは沖縄海水塩を使用した、盛夏にさっぱりとおいしく塩分補給できるコールドスイーツ『ハロハロ ソルティライチ』(税込270円)を国内店舗で6月21日から発売。

 7月2日からは全国の店舗で、“単品おにぎり毎日100円!”を実施。主力商品のひとつである単品の本体価格を100円に変更して提供する。

 

⑨セイコーマート
道産キャンベル使用のアイス

 北海道仁木町産のぶどう(品種・キャンベル)を使用したアイスを18万個限定で、6月22日から発売した。JA新おたるの協力を得て商品化。税込129円。なお、キャンベルは北海道での生産量が日本一を誇る。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media