綿半ホームエイドの都市型スーパーセンター、権堂店の新たなMDとは

取材・文:雪元 史章 (ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長)
Pocket

綿半ホールディングス(東京都/野原勇社長)傘下で、関東甲信を中心にホームセンター(HC)やスーパーセンター(SuC)などを展開する綿半ホームエイド(長野県/牧島禎彦社長)は2022年9月30日、長野県長野市に「綿半スーパーセンター権堂店」(以下、権堂店)をオープンした。ボーダレスな競争が熾烈さを極めるなか、市街地という新たな立地でSuCの価値を再考、追求した戦略的店舗となっている。その全貌をレポートする。

初の都市型立地で新たなMDに挑戦

 官公庁やオフィスビル、飲食店などがひしめく長野県内随一の繁華街・権堂町。同地で長年営業していた「イトーヨーカドー長野店」が2020年6月に閉店、その跡地に権堂店は出店した。

綿半スーパーセンター権堂店
綿半スーパーセンター権堂店
●所在地: 長野県長野市権堂町2196-1
●電話番号: 026-238-7171
●営業時間: 8:00~22:00(地下1階・1階の食品・非食品売場)
●売場面積: 約1600坪

 地下1階、地上2階の3フロアで構成され、地下1階が食品売場、地上1階が雑貨、日用品、医薬品などの非食品売場とカフェ、同2階に100円ショップ「ダイソー」、子供向け英会話教室(いずれも綿半ホームエイドがフランチャイズ展開するテナント)、アパレル・インテリアショップ(グループ会社運営)などが入る。売場面積は3フロア合計で約1600坪となっている。

綿半スーパーセンター権堂店シニアストアーマネージャーの望月崇史氏
権堂店シニアストアーマネージャーの望月崇史氏

 イトーヨーカドーの撤退により、日々の買物先を失った地元住民は少なくない。それだけに、権堂店開業は地域にとっては待望の出来事となった。その一方で綿半ホームエイドにとっては、チャレンジングな出店でもあった。というのも、SuCやホームセンター(HC)を主力業態とする同社にとって、こうした市街地中心部への出店は初めてのことだったからだ。権堂店シニアストアーマネージャーの望月崇史氏も、「これまで出店してきた郊外立地の店舗とは商圏特性がまったく異なる。試行錯誤しながら売場をつくり上げた」と振り返る。

 打ち出したコンセプトは、「心も体もペットも元気になれる話題の店」。生鮮をはじめとする食品、美や健康を支える医薬品・化粧品、生活に彩りや楽しさを与えるインテリア、雑貨、グリーン・園芸用品など、あらゆるカテゴリーを展開。そして、ただ“網羅”するのではなく、各カテゴリーでお客のニーズに応えた商品を提案するというのが、権堂店がめざすところだ。

鮮魚を差別化部門に 広域からの集客図る

 まずは

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

取材・文

雪元 史章 / ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長

上智大学外国語学部(スペイン語専攻)卒業後、運輸・交通系の出版社を経て2016年ダイヤモンド・フリードマン社(現 ダイヤモンド・リテイルメディア)入社。企業特集(直近では大創産業、クスリのアオキ、トライアルカンパニー、万代など)、エリア調査・ストアコンパリゾン、ドラッグストアの食品戦略、海外小売市場などを主に担当。趣味は無計画な旅行、サウナ、キャンプ。好きな食べ物はケバブとスペイン料理。全都道府県を2回以上訪問(宿泊)。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態