必見!国別・品目別EC売上高成長率!EC市場どこまで拡大?

小野貴之(ダイヤモンド・チェーンストア編集部)
Pocket

コロナ禍で小売店舗の営業が制限され、人々が外出を抑制し、通常の店舗での購入が控えられたことで、EC市場が急速に拡大している。EC化の流れは今後も続いていくのだろうか。
取材協力=高島勝秀(三井物産戦略研究所)

ベストバイの外観

米国、欧州で際立つECシフト

 英調査会社ユーロモニターの集計によると、2020年のEC市場の成長率は対前年比26.9%増と、19年までの4年間の年平均成長率18.6%を大きく上回っている。とくに、コロナの感染が深刻で、外出制限や店舗閉鎖などの影響を強く受けた米国、欧州の国々での成長加速が際立っている(図表①)。

図表① 世界主要国のEC市場成長率

 品目別に見ると、EC市場の伸びが顕著であった国ではいずれも、飲食料品の成長率の上昇が目立っている(図表②)。米国とブラジルでは倍増、英国やスペイン、オランダも、5~8割の高い伸びを記録している。EC全体の加速は限定的であったドイツやフランス、イタリアでも、飲食料品に限ると、前年までの伸びを大幅に上回る成長となっている。また、パーソナルケア・日用品の伸びも目立っており、日常的な消費行動全般にECが浸透したことがうかがえる。

続きを読むには…

この記事は DCSオンライン会員(無料)、DCSオンライン+会員限定です。
会員登録後読むことができます。


DCSオンライン会員、DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media