アマゾン、ウォルマートにコストコも……止まらない米小売の在庫増

小野 貴之 (ダイヤモンド・チェーンストアオンライン 副編集長)
Pocket

米主要小売の在庫増加が止まらない。米小売企業各社の四半期決算(2022年2~4月)が発表される中、在庫の増加率が前四半期と比べて7~13ポイント上昇している点について、決算説明会ではアナリストからの質問が相次いだ。米小売が在庫を増やす背景は何か。
取材協力=高島勝秀(三井物産戦略研究所)

serts/iStock

欠品による機会損失は在庫増加による費用増よりも痛手?

 総合業態を展開する小売主要4社の直近四半期決算を見ると、在庫金額は3四半期前と比較して2~7.5倍となった(図表)。一般的に、過剰な在庫は業績に悪影響を及ぼすといわれている。これに対し米ウォルマート(Walmart)は、「(ただし同社に限らず、米小売業の慣例として)秋の新学期や年末商戦に向けた商品在庫の拡充であり、堅調な個人消費を見込んだ上での対応だ」と説明している。

図表①

 同様に米ターゲット(Target)も、欠品による販売の機会損失は、在庫増加に伴う費用増よりも痛手であることを明かしている。さらには、コロナ禍から継続するサプライチェーンの混乱に加え、昨今のウクライナ情勢や上海ロックダウンの影響で、商品調達がこれまで以上に困難になるという懸念の高まりが、在庫の積み増しというかたちで表れているともいえそうだ。

 大手主要小売企業では、より多くの在庫を保管する目的で、港湾に隣接するスペースの追加や、拠点間の輸送距離を短縮させるために物流センターの増設を進めている。

 海外流通の動向に詳しい三井物産戦略研究所の高島勝秀氏は「これは、コロナ禍以前の『在庫を必要最小限に留める』施策から、コロナ禍を経て『安定在庫を多めに保持する』という、戦略の転換といえる」と指摘する。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media