スターバックス、国内約350店舗の電力を再エネに切り替え、10月末までに

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

スターバックス富山環水公園店
国内全店舗の約2割に当たる路面店で使用する電力を再生可能エネルギーに切り替える(写真は「富山環水公園店」)

 スターバックスコーヒージャパンは5月18日、電力の直接契約ができる国内の路面店約350店舗で使用する電力を、10月末までに二酸化炭素(CO2)を排出しない再生可能エネルギーに切り替えると発表した。

 4月末までに北海道、東北、沖縄を除く301店舗の路面店で再エネへの切り替えが完了しており、10月末までに全国に広げる。路面店は国内全店舗の約2割に当たる。

 再エネへの切り替えは今年2月にオープンした「スターバックス コーヒー 狭山市入間川にこにこテラス店」(埼玉県狭山市)を皮切りに進めてきた。地域ごとに、みんな電力、中部電力ミライズ、関西電力などを通じ、休耕地削減になるソーラーシェアリングや未利用の間伐材を活用した発電など、地域貢献につながる電力を選定している。

 スターバックスでは、世界の店舗で2030年までにCO2を50%削減することを目標としている。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media