マツキヨとココカラの経営統合続報 塚本厚志社長「1月中には何らかの発表ができる」

2019/12/10 05:55
小木田泰弘(『ダイヤモンド・ドラッグストア』編集・記者)

ココカラファイン(神奈川県)の2020年3月期第二四半期決算は、冷夏によって季節品が不調だったものの、消費税増税前の駆け込み需要や調剤事業の拡大により過去最高の売上・利益を更新した。マツモトキヨシホールディングス(千葉県:以下、マツモトキヨシHD)との経営統合に向けた協議は順調に進んでおり、2020年1月中には何らかの発表ができる見込みであることを明らかにした。

ココカラマツキヨ

過去最高売上・過去最高益を更新

  ココカラファインの20203月期第二四半期業績は、売上高は対前期比3.8%増の2081億円、営業利益は同20.3%増の68億円、経常利益は同17.6%増の80億円、四半期純利益は同26.6%増の50億円だった。売上高、各利益ともに過去最高を更新した。

  塚本厚志社長は次のように説明する。

  「ドラッグストア(DgS)事業においては、冷夏によって季節品が不調で売上の減少があったものの、消費税増税前の駆け込み需要を予想以上に大きく取り込むことができた。さまざまなペイメント(決済手段)システムの導入によって新規のお客さまを獲得。結果、DgS事業は対前期比3.3%増となった。調剤事業においては薬価・診療報酬改定への対応が順調に進んだ。そして新規開局やM&A(合併・買収)で売上を拡大することができた。結果、調剤事業は同10.9%増となった。また203月期第二四半期は効率化をめざす積極的なIT投資を継続した。1つは新タブレット型POSレジの全店導入が完了した。193月期から導入を開始して、この20203月期上期に集中して入れ替えた。調剤事業ではレセコン・電子薬歴のシステム統一に着手した。進行中だが概ね半分の調剤拠点においてシステムの入れ替えを終了している」。

 

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media