楽天、携帯事業の本格運用は半年後ずれ 10月からは無料サービス

2019/09/06 16:30
ロイター

楽天ロゴイメージ
9月6日、楽天は、携帯電話事業の本格運用が当初の10月から半年程度、後ずれすると明らかにした。写真は5月に東京の楽天本部で撮影(2019年 ロイター/)

[東京 6日 ロイター] – 楽天は6日、携帯電話事業の本格運用が当初の10月から半年程度、後ずれすると明らかにした。10月1日─来年3月に通話・データ容量無制限無料のサービスを提供し、システムの安定稼働を確認する。当初5000人をめどに10月1日から利用者を募集開始する。

三木谷浩史・会長兼社長は会見で「(ネットワークの)安定稼働を確信している」と強調。安定稼働が確認できた段階で「可及的速やかにフルサービス運用する。もしかしたら1カ月後か、3カ月後かもしれない」(三木谷氏)と述べた。

10月1日の時点では、東京23区と大阪市、名古屋市、神戸市の一部で楽天の回線を用いる。KDDIのローミングを活用し全国をカバーする。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media