ココカラ×マツキヨ…業界再編渦中のドラッグストア業界 コスモス薬品横山英昭社長の心中は!?

2019/08/21 05:13
千田直哉

コスモス薬品(福岡県/横山英昭社長)は、2019年5月期の決算を発表した。売上高は、6111億3700万円(対前期比9.5%増)と28期連続の増収。営業利益247億7500万円(同8.9%増)、経常利益272億9200万円(同8.1%増)と11期連続増益と過去最高を達成。当期純利益は191億8500万円(同8.8%増)とこちらも過去最高益となった。決算発表当日の横山社長の発言をまとめた(文責・千田直哉)。

 

都市型店舗は副業に過ぎない

  「20195月期の新規出店は、関東地区3店舗、中部地区15店舗、関西地区24店舗、中国地区19店舗、四国地区6店舗、九州地区26店舗の合計93店舗を出店した。12店舗を閉鎖したので、期末店舗数は993店舗になった」

  「人件費は高騰したが、上記のような積極的な出店と既存店舗売上高対前期比1.7%増(客数は0.2%減、客単価が1.9%増)により、増収増益と過去最高益を達成できた。『高品質な商品をより安く』という方針がお客さまに支持された結果という自負がある」

  「商品的には、〈一般食品〉の売上高が3438億円(同9.7%増)となり、売上構成比では56.3%になった。また、〈医薬品〉は954億円(同11.2%増)、〈化粧品〉は642億円(同11.3%増)と伸びている。両部門については、接客を強化した結果が出た。当社のビジネスモデルは食品で集客して医薬品と化粧品で利益を取る。そのためには接客は、極めて重要であり、これは強化し続ける」

  「前期は東京都内にインバウンド需要獲得を意識した都市型店舗を3つ出店した。ともにビルイン型の非自社物件で〈広尾店〉は40坪弱、〈中野サンモール店〉は約50坪、〈西葛西店〉が100坪強の売場面積だ。都市型店舗の特徴は、カンバンを付け替えたらどの企業なのか分からないところ。だから差別化しにくい。その分、安さで差別化をはかり、集客していきたい」

  「しかしそうはいうものの、都市型にはいろいろなパターンがあるはずなので、バリエーションを豊富に用意することで立地対応したい。たとえば、広尾店は〈ドラッグ+調剤〉、西葛西店は我々の得意とする〈フード&ドラッグ〉という具合だ。しかし都市型店舗は、当社にとっては、あくまでも副業の位置づけに過ぎない。本業は郊外型だ。しかし出店できるのであれば都市型もどんどん出したい。今後、東京新宿や大阪心斎橋にも出店を予定している。現在、3店舗はともに順調なスタートを切っているが、実験なのでまだどのくらい売れるかは分からない」

  「今回、都市型の広尾店と西葛西店には調剤薬局を併設している。これは、将来的な面分業時代の到来に備えてのこと。即座に収益性を考えているわけではない。だが、調剤薬局併設は、そのタイミングがきたら一気に郊外型にも広げる。調剤報酬削減の議論が進んでおり、今の状況を長く待ち望んでいた。ただ、調剤報酬が落ち切ってから、一気に参入することは大変なので、まず調剤薬局を併設してみた。薬剤師は都市部では確保できる。一方、地方は難しい部分がある。20204月に大幅な調剤報酬改訂があれば一挙に展開したい。もうひとつは薬剤師11日処方箋40枚制限というのがあるが、これが撤廃されるタイミングもある」

  「一方、20205月から当社が得意とする食品満載型の郊外型ドラッグストアを関東地区に積極展開する。すでに埼玉県越谷市〈せんげん台〉には土地を購入し、ワンフロア(平屋)600坪タイプの出店を計画している。本格的な出店は、20215月期からで、年間30店舗程度の出店攻勢をかけていきたい。基本的に西日本と同じ考え方で出店を進める。関東はマーケットが大きいのでしっかり取りに行きたい。現在、千葉県、茨城県、埼玉県とその近郊の土地をリサーチしている。メーンは平屋になるのだが、500坪の土地が確保できるのであればピロティ型での食品満載店舗出店を考えていきたい。関東圏郊外も都市型店舗も収益性は保てる。コスト構造は異なるが、中心部に出せば商圏人口も大きなものになるので売上は見込めるからだ」

  「もちろん、九州を含む西日本地区もまだまだ出店する。ドミナント出店が基本であり、面で地域を押さえる。それを優先させ出店する」

 


次のページは
2025年に1兆円を見込む

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media