ヤマダ電機 センチュリー21と業務提携、家電住まいる館で協業

2019/07/25 04:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ヤマダ電機 LABI
ヤマダ電機が展開する総合家電店とインテリア専門店の「家電住まいる館」に「センチュリー21」の店舗を出店

 ヤマダ電機傘下のヤマダ不動産は、7月17日、同業大手のセンチュリー21・ジャパンと業務提携したと発表した。ヤマダ電機が展開する総合家電店とインテリア専門店の複合業態「家電住まいる館」に「センチュリー21」の店舗を出店する。

 ヤマダ電機は2017年から、家電を核に、住宅やリフォーム、インテリア、金融、不動産などをプラスして、住宅をトータルに提案する新業態として「家電住まいる館」をスタート。2019年5月末までに80店の家電住まいる館を展開しており、2020年度末を目処に全国約300カ所の開発を計画している。

 ヤマダ不動産は、「家電住まいる館」で賃貸・売買・管理を行っている。一方、センチュリー21・ジャパンは全国954店舗(3月末時点)の加盟店ネットワークを持ち、加盟店サポートの強化を経営の重要施策のひとつとしている。

 今後は、「家電住まいる館」のヤマダ不動産店舗へセンチュリー21加盟店の出店を進め、事業拡大を進める。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media