即席麺とビールを共同輸送、日清食品とサッポロが3月2日から

Pocket

日清食品とサッポロHDの共同輸送のイメージ
トラックの使用台数が約20%減少し、CO2排出量を年間約10トン削減できる見込み

 日清食品とサッポロホールディングス傘下のサッポログループ物流(東京都渋谷区)は3月2日、即席麺とビールの共同輸送を始める。共同輸送によってトラックの使用台数が約20%減少し、二酸化炭素(CO2)排出量を年間で約10トン削減できる見込みだ。

 いずれも静岡県焼津市にある日清食品とサッポロビールの工場から、両社の製品をトラックに混載して、大阪の物流拠点まで運ぶ。ビール樽の上に即席麺を積み上げ、荷台の容量を満杯にする。

 復路については、サッポロの大阪の物流拠点から空き樽を積載したトラックに空きスペースがある場合、日清食品関西工場(滋賀県)で空きパレット積み込んで、静岡の工場まで運ぶ。

記事執筆者

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室 / 株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア

株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室では、日々の流通・小売業関連のニュースを配信するほか、メールニュースなどを通じてDCSオンラインユーザー様とのコミュニケーションを行っております。

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態