DCMHD SDGsの8つの重点課題グループを発表

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

 DCMホールディングスは12月28日、SDGs推進のための8つの重点課題グループを発表した。

 一つ目は「快適で持続可能な地域のくらしと住まいの実現」で、生活支援・便利サービスの進化、地域のニーズに合わせた新たな事業の導入、ハード特化型のプロ・DIY 支援店舗の構築などを進める。二つ目は、「商品と店舗による循環経済と脱炭素の推進」として、資源循環と脱炭素に貢献する商品の開発・販売、商品の包装・容器の削減等を掲げた。

 同社が特定した重点課題の8つのグループと全22の課題は以下の通り。

8つの重点課題(マテリアリティ)グループと 22 の重点課題

重点課題グループ 重点課題
1.快適で持続可能な地域のくらしと住まいの実現 (1)人と地域に愛される生活館型ホームセンターの構築
(2)あらゆる人への生活支援・便利サービスの進化
(3)地域のニーズに合わせた新たな事業の導入
(4)ハード特化型のプロ・DIY 支援店舗の構築
2.商品と店舗による循環経済と脱炭素の推進 (5)豊かなくらし、資源循環と脱炭素に貢献する商品の開発・販売
(6)商品の包装・容器の削減
(7)店舗での廃棄物の回収・削減、再利用、リサイクルの推進
(8)店舗の省エネルギー推進と再生可能エネルギー利用の拡大
3.新たな価値を共創するお客さまとの関係深化 (9)商品品質の追求とVoCを取り入れた改善
(10)DX による事業・サービスの進化
(11)店舗でのDIY 啓発と情報発信
4.災害に強いレジリエントな地域の支援 (12)地域の防災拠点としての確立
(13)防災用品の開発・販売
5.多様な人材が活躍できる職場づくりと人権尊重 (14)人権尊重と多様性・女性活躍の推進
(15)人材開発と働きやすい職場づくり
(16)DXによる人材の高付加価値業務へのシフト
6.環境・社会に配慮したサプライチェーンの構築 (17)CSR調達の推進
(18)物流におけるCO2排出削減と資源有効利用の推進
7.コーポレートガバナンスの強化 (19)コーポレートガバナンスの強化と責任あるステークホルダーとの対話
(20)コンプライアンスと腐敗防止
(21)リスクマネジメント
8.地域・コミュニティの発展 (22)地域と協働した環境保護・地域創生への貢献

 

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media