ホームセンター業界最大手!DCMは社長交代でどう変わるのか?

2020/02/07 05:39
高浦佑介(『ダイヤモンド・ホームセンター』誌副編集長)

ホームセンター(HC)業界最大手のDCMホールディングス(東京都/久田宗弘社長:以下、DCM)は新体制に移行する。2020年3月に石黒靖規副社長が社長に昇格し、久田宗弘社長は代表権のある会長になる。同時に、事業会社5社を、21年3月をめどに統合することを発表した。同社はこれからどのように変わっていくのだろうか。

ホーマック
DCMホールディングスは2020年3月に石黒靖規氏が代表取締役社長兼COOに就任する

経営統合から15

 2005711日、カーマ(現・DCMカーマ)、ダイキ(現・DCMダイキ)、ホーマック(現・DCMホーマック)の3社による経営統合の基本合意書が調印されてから約15年。DCMは新たな局面を迎えた。

 DCM069月、その3社による共同株式移転により設立された持ち株会社で、設立前の04年度の3社合計の売上高は約4200億円。ホームセンター(HC)業界の売上高首位に一気に躍り出た。

 DCMは、「お客さま視点からの流通改革」を意味する「Demand Chain Management」と、「くらいの夢をカタチに」という「Do Create Mystyle」の2つの“DCM”の実現を追求してきた。それを具現化するために、①仕入れ、②国内外物流、③システム、④管理部門の集約による合理化を推進。また、300店舗を超える店舗数を武器に、プライベートブランド(PB)商品の開発にも取り組んできた。

 同時に、新たに参加意思を示す企業のグループ入りも歓迎してきた。実際、DCMは誕生以来、HC業界の再編の受け皿として傘下企業を増やし続けてきた。

 07年にはホームセンタータテヤマとオージョイフルを子会社化。その後も、ホームセンターサンコー、ホームエキスポ、サンワドー(現・DCMサンワ)、ユーホーム、くろがねや(現・DCMくろがねや)といった企業がDCMグループ入りした。そして、171月にはケーヨー(千葉県/醍醐茂夫社長)と資本・業務提携を結び、持分法適用会社化した。

 20192月期業績は、営業収益4457億円(対前期比0.5%増)、営業利益210億円(同7.7%増)。PBの売上高構成比は18.9%まで上がってきている。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media