AIカメラ50台!DCMホーマック初の“スマートホームセンター”、鳥取大通店を徹底解説!

2020/11/29 06:06
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集長 阿部幸治
Pocket

DCMホールディングス(東京都/石黒靖規社長)傘下のDCMホーマック(北海道/石黒靖規社長)は11月26日、北海道釧路市に同社初の“スマートホームセンター”、「DCMホーマック鳥取大通店」をオープンした。

DCMホーマック鳥取大通店
DCMホーマック鳥取大通店

スマートホームセンターだけじゃない!
鳥取大通店、4つの特徴!

 釧路市はDCMホーマック創業の地である。その釧路市内への今回の新店は、奇しくもDCMホーマックとして“最後の新店”となった。2021年の3月をメドに、DCMホールディングス傘下の事業会社5社が統合するからである。

 釧路エリアには、1号店である中園店をはじめ、千代の浦店、星が浦店、木場店の4店舗を展開しており、今回の鳥取大通店で5店舗体制となった(注・木場店のみ、所在市町村は釧路町)。隣接する釧路町を合わせた釧路エリアの人口は約18万5000人で、競合するホームセンター(HC)はなし。DCMホーマックがマーケットを一社独占しているエリアということになる。

 その鳥取大通店は、釧路市中心部を東西に走る鳥取大通沿いにあり、スーパーアークス鳥取大通店などとともに、近隣型ショッピングセンター(NSC)の核を担う。

  売場面積は約1800坪と同社HCとしては標準規模、6万7000SKUという品揃えも標準店と同等だ。商圏は車で10分圏、約7万4000人をターゲットとする。

 鳥取大通店の特徴は、①AIカメラを投入したスマートホームセンターであること、②「DIYリフォーム」の提案、③最新の新型コロナウイルス(コロナ)対策、④キャンドゥ店舗の導入、などである。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media