落語家・立川志ら乃のスーパーマーケット徒然草  第6回 落語会の打ち上げは、スーパーで。

2019/12/05 05:51
立川志ら乃(落語家)

久々にお届けするスーパー大好き落語家・立川志ら乃のスーパーマーケット徒然草。3回にわたってお送りした怒涛の江古田のスーパー探訪記から閑話休題。かねてから「落語会の後の打ち上げのあり方」に疑問を持っていた志ら乃は、「スーパーで打ち上げする」というユニークすぎるイベントを恒例化。そして「スーパー好き」の輪が徐々に広がっていく――。

 「スーパーで買物して帰る」という斬新すぎる打ち上げイベント

 基本的に私は自主興行の落語会では打ち上げをしません。私自身、酒とタバコをまったくやらないというのと、そもそもの体力がないので疲れちゃうからというのが主な理由です。それに加えて、打ち上げが好きな人は「打ち上げ行こう!」と大きな声で言いますが、反対に打ち上げが苦手な人はその意思を伝えることをはばかると思っているからです。

 ですので、主催者の私が打ち上げを行った場合、しぶしぶ参加するか、もしくはそれを断るのにストレスを感じる人がいるのではないか?という考えすぎな細かい性格が発動してしまうのです。しかしその性格から、「でも前座さんなどはお腹が空いていて、何か食べて帰りたいと思っているのではないか?」とも感じていたのです。

 そこで編み出したのが「スーパー打ち上げ」です。それまで落語会が終わると、私は一人スーパーに寄って帰っておりましたが、このスーパーでの買物に皆を参加させるというのはどうだろうと思いついたのです。

 同じ時を共有するのは買物しているときだけ。買物が終わったら家に帰り、各々が好きなタイミングで打ち上げをするというコンセプト。打ち上げで一番心配なのは「会が長引いて遅くなるのでは?」ということではないでしょうか。終わりの時間が確実に見えていれば参加しやすい。スーパーでの買物はどう長くても30分弱。またスーパーに置かれているものすべてから各々が商品を選び取ることができるので、「生魚苦手な人が打ち上げで寿司屋に連れて行かれる地獄」みたいなことも避けられます。

 私としてはいいこと尽くめと思いましたが、「落語家として、そんな野暮でしみったれたことをしていいのか?」という不安があったのも事実。おそらく誰もこんなことはやっていないし、「ちゃんとした打ち上げに連れて行け!」と思う人だって出てくるだろう、と。しかし、「誰もやっていない? なら私がそれをやれば唯一無二!」と強い気持ちで後輩をスーパー打ち上げに誘うことにしました。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media