「親子丼」の販売見送り=卵不足、別商品に―吉野家

時事通信社
Pocket

牛丼チェーン「吉野家」が販売する「焦がしねぎ焼き鳥丼」
〔写真説明〕牛丼チェーン「吉野家」が販売する「焦がしねぎ焼き鳥丼」(吉野家提供)

 牛丼チェーンの「吉野家」は12日、昨年春から期間限定メニューとして提供していた「親子丼」について、今年は販売を見送ると発表した。鳥インフルエンザの流行による鶏卵不足が理由。代わりに、鶏肉とネギを使った「焦がしねぎ焼き鳥丼」を17日午前11時から販売する。

 親子丼は、昨年4月から約2カ月半で400万食以上を販売した人気メニュー。今年も投入を目指していたが、鶏卵の供給不足により断念した。広報担当者は「親子丼では卵を二つ使う。『牛丼』の付け合わせに使う卵の確保を優先した」としている。「焦がしねぎ焼き鳥丼」の販売は7月中旬までの予定で、「並盛」は547円。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態