カインズ、無人店舗「CAINZ Mobile Store」で実証実験

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

CAINZ Mobile Storeのイメージ
カインズは、デジタル技術を活用し、レジを通らずに買い物が可能な店舗「CAINZ Mobile Store」をカインズ本社1階ロビーに設置し、2022 年9月1日より実証実験を開始すると発表した。(写真はプレスリリースより)

 カインズは、デジタル技術を活用し、レジを通らずに買い物が可能な店舗「CAINZ Mobile Store」をカインズ本社1階ロビーに設置し、2022 年9月1日より実証実験を開始すると発表した。同店舗の利用はカインズメンバー(従業員)限定とし、実証実験の結果を踏まえて今後の展開を検討する。

 「CAINZ Mobile Store」は、レジのない無人店舗となる。店舗入り口にあるゲートに専用アプリの QR コードをかざして入店し、買い物後、店舗出口から出ると決済が完了するというもの。店内上部に設置されたカメラがお客の動きを認識し、手に取った商品を判断、入店時に読み取ったアプリで自動的に決済される。「CAINZ Mobile Store」の設置で、お客は非接触で、かつ買い物にかかる時間を短縮でき、店舗側は省人化による効率向上が期待できる。

 同店舗で使用する技術は、米国 AiFi 社が提供するテクノロジー。複雑な人工知能(AI)システムと最先端のコンピューターヴィジョンのアルゴリズムを基盤にしている。これらで店内の人々の行動をリアルタイムで追跡し、どのような製品が手に取られ、再び棚に戻されるかをチェックできるほか、お客の入退店も記録できる。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media