ローソン、新潟に「移動販売専用店舗」 郵便局の倉庫を配送拠点に

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ローソンの新潟で始める移動販売の拠点となる「越後上田郵便局」
移動販売の拠点となる「越後上田郵便局」

 ローソンは、新潟県南魚沼市で郵便局の空きスペースを拠点とする移動販売を始める。同市にある「越後上田郵便局」の倉庫を、商品在庫の保管と移動販売車両の配送拠点として活用する。

 同社は2013年から本格的に移動販売を開始した。現在、35都道府県の約100店舗で移動販売を行っているが、これまではローソンの既存店舗を拠点として移動販売を運用してきた。移動販売専用店舗を拠点とすることで、ローソンの店舗がない地域でも移動販売車両を運用できるようになる。

 郵便局の物販サービスを支援する郵便局物販サービス(東京都江東区)がフランチャイズオーナーとなり、移動販売専用店を運営する。南魚沼市の上田地区など計19カ所を専用車両で巡回し、商品を販売する。取扱品目はおにぎり、サンドイッチ、菓子、飲料など約300種類。地元スーパーと連携し、野菜や果物、肉なども販売する。

 南魚沼市では、郵便局内に専用売場を設置してローソンの商品を販売することも検討している。

ローソンの移動販売のイメージ
ローソンの移動販売のイメージ

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media