グローウェルHD、中国でドラッグストア出店、年内にも1号店

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局 (株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア)
Pocket

 ウエルシア関東や高田薬局などを傘下に持つドラッグストア大手のグローウェルホールディングスは中国の小売大手、百聯集団と組んで中国でドラッグストアを出店する。

 合弁事業には九州が地盤のドラッグストア、ナチュラル(福岡県朝倉市、店名:ドラッグストアモリ)も加わる。今年10月頃に上海市で合弁会社を設立、百蓮集団傘下の聯華超市と上海毎日通販商業が61%、グローウェル側が39%を出資する。12月ごろにも1号店をオープンする予定だ。

 市場調査会社の富士経済によると2006年以降、中国のドラッグストア市場は2ケタ成長を続けており、2010年のドラッグストアチェーンの総売上高は1500億元(約1兆8900億円)となった模様。

 ドラッグストア業界ではココカラファイン傘下のセガミメディクスが2009年に中国企業に出資、キリン堂が今年1月、中国企業と合弁会社を設立するなど中国進出に向けた動きが広がりつつある。

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態