アインHD、ドラッグストアをアジア展開、マレーシアに1号店

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

クアラルンプールの商業施設に出店する「アインズ&トルペ」の店舗イメージ
クアラルンプールの商業施設に出店する「アインズ&トルペ」の店舗イメージ

 調剤薬局大手のアインホールディングス(HD)は3月14日、ドラッグストア「アインズ&トルペ」のアジア展開を目的とした新会社を丸紅と合弁で設立したと発表した。アインズ&トルペの海外初店舗を5月、マレーシアに出店する。

 アインズ&トルペのマレーシア1号店は、首都クアラルンプール市内の商業施設「パビリオン・ブキット・ジャリル」に開業予定の「蔦屋書店」内に出店する。2022年中にはクアラルンプール市内に複数の店舗を出店する予定だ。

 マレーシア1号店では、コスメや化粧雑貨などマレーシア初となるブランドを中心に、品質に定評がある日本発の商品を展開する。

 アジア太平洋地域の化粧品関連市場は世界の約4割のシェアを占め、中でも東南アジア各国の市場は経済発展と共に年々拡大を続けている。アインHDと丸紅は、マレーシアを足がかりにアインズ&トルペのアジア各国への展開を目指す。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media